脱色|ワキのムダ毛処理と自己処理の危険性

ワキのムダ毛処理と自己処理の危険性

脱色

脱色クリームやオキシドールなどの薬剤を塗布して、ムダ毛を脱色します。


色を薄くすれば目立たなくなる程度の量で、毛質が細い場合に適しています
腋などは比較的太くて濃いムダ毛なので、この方法は向いていません。


脱色当初は自然な金色の産毛らしくなりますが、
ムダ毛が伸びるにつれもとの黒い部分が見えてきます。


本来は消毒剤として使用されるオキシドールであれば、
比較的安全性は高いと考えられます。


化学成分によって脱色する製品は、
皮膚の状態によっては脱色してすぐはかぶれなどのトラブルが起こる可能性もあります


いずれの方法でも、あらかじめパッチテストでアレルギー反応を調べましょう。
問題がないことを確認したうえで使用してください。