かみそり負け|ワキのムダ毛処理と自己処理の危険性

ワキのムダ毛処理と自己処理の危険性

かみそり負け

かみそりを使ったムダ毛処理は、
男性のヒゲも含めて広く一般に行われている方法です。


かみそりは安全に使用できるよう設計されており、
正しい使い方をしていれば誤って肌を傷つけることはめったにありません。


しかし実際には、
かみそりでムダ毛を剃ったあとの皮膚表面つまり角質層には、 たくさんの細かい傷がついています


そのために、かみそりを使った後の肌がヒリヒリしたり、
多少の痛みや赤 みを生じることがあるのです。


これらの皮膚の異常をかみそり負けと呼びます。
切れ味の悪いかみそりを使った場合に起こりやすいようです。


かみそりでは皮膚から出ている部分のムダ毛しか処理できないので、
皮膚が回復する前に再びかみそりを当てなくてはならず、さらにダメージを与えてしまいます。


かみそりでムダ毛処理をする場合は、清潔で切れ味の良いかみそりを使うようにしましょう



かみそり負け

Copyright ワキのムダ毛処理と自己処理の危険性 2010