毛嚢炎|ワキのムダ毛処理と自己処理の危険性

ワキのムダ毛処理と自己処理の危険性

毛嚢炎

ムダ毛処理後に毛嚢炎を発症するケースもあります。
毛嚢炎とは、ムダ毛処理後の毛穴に細菌感染しておこるものです。


主に黄色ブドウ球菌への感染が原因とされます。
症状としては赤い発疹や化膿がみられます
皮膚を清潔にしておくよう心がけることで、症状の改善がみられることもあります。


治療が必要な場合は、
黄色ブドウ球菌に対処できる抗生物質を外用または服用する、
炎症部分を冷やす、化膿した患部を切開し膿を取 り除く、などの処置が行われます。


毛嚢炎を予防する方法は、やはり衛生面に気を配るということです


ムダ毛を処理する際には、処理しようとする部位の皮膚、
かみそりやシェーバー、毛抜きなどを清潔にした上で行いましょう。
また、処理後も皮膚や衣類を清潔に保ち、むやみに触らないよう心がけてください。